×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

紫外線を防止する美容液やクリーム

白雪透明肌


リボン アスタリフトで聖子さんのような白雪透明肌に
  松田聖子さんのCMで話題の「ASTALIFT」トライアルセット
  CoQ10の1000倍パワー!アスタキサンチン配合
  ハイレベルの美白効果が実感できます♪


紫外線を防止する美容液やクリームの選び方

紫外線防止する美容液クリームがたくさん出ています。
お肌を守る紫外線ケアに対する美容意識が高くなってきていると
いうことなのでしょう。

 

最近は、美肌に関する様々な情報が増えてきており、紫外線が
老化させ、シワシミくすみたるみの原因をつくって
いることは誰もが知るところとなりました。

 

ちょっと前までは、紫外線を防止するといえば、日焼け止めクリーム
が主流だったと思います。ところが、日焼け止めは肌によくないと
思い込んでいる人が意外に多く、普段は使わないというケースも
たくさんあるようです。

 

確かに、お肌への負担は多少あるかもしれませんが、紫外線に
よるお肌への負担は、それをはるかに上回ります。
美肌をめざすなら、UVケアは1年中行うのが常識です。

 

そこで、普段のスキンケアの段階から紫外線を防止できるように、
今では日焼け止めクリームだけでなく、毎日のお手入れのたびに
紫外線対策を施すために、美容液などにもUVケアの働きがある
ものがたくさん出まわってきています。

 

朝、出かける前にお肌のお手入れを行なうと思いますが、そこで
紫外線防止の美容液・クリームを用いることで、紫外線を出来る
限り浴びないですむように対策するわけですね。

 

洗顔して化粧水などでお肌を整えたら、最後にUVケアの美容液や
クリームで仕上げます。特に、UVクリームは、つけたらそのまま
化粧下地にもなりますからなかなか便利なものです。

 

そのような美容液やクリームには、紫外線吸収剤を配合したものと
紫外線散乱剤を配合したものの2つのタイプがあるのですが、これは
ご自分にあったものを選んだほうが良さそうです。

 

◇ 紫外線吸収剤

 

紫外線を吸収する化学物質のことで、紫外線を吸収して熱エネルギーに
変えるという化学反応が肌の上で起きるため、一般的に肌への刺激が強く、
負担が大きいとされています。

 

◇ 紫外線散乱剤

 

紫外線を肌の上で反射する働きをする物質のことで、金属を酸化させた
ものの粉や細かい粘土質の粉が鏡のように肌の上に膜を作りはね返します。
化学変化は起こさないので肌には優しいのですが、厚くなるとどうしても
粉っぽくなります。

 

肌に負担をかけることなく紫外線を防止するなら後者の美容液やクリーム
を使った方が無難でしょう。ノンケミカルや紫外線吸収剤不使用などの
表示があるものが肌にはやさしい日焼け止めになります。


リボン にっぽんのスッピンをべっぴんに!


10秒エステ☆Wの飲む美容液 ☆ぷるっと潤う新習慣♪